骨盤子宮ケア

top_05
 

骨盤子宮ケアとは?という当サロンの施術の内容の1つとして、子宮と骨盤の関係をお話し致します。

 

どれくらいご自身の子宮と骨盤の関係について知っていますか?

突然、何を?と疑問に思うかもしれませんね。

女性にとって、骨盤と子宮は密接な関係にあります。

そのことをお話ししますね。

 

まず、女性の骨盤の底には、子どもを生むために産道という大きな穴が空いています。

この穴をふさぐようにして、骨盤底筋群という筋肉がハンモック状に張られていて、骨盤内の臓器(子宮、膀胱、直腸)が落ちないように支えています。

また、この骨盤底筋群が収縮することによって、尿道や膣そして直腸が締まり、尿や便が漏れない仕組みになっています。

出産や加齢、肥満によって骨盤底筋群が傷ついたり緩だりすると、尿や便が漏れてきます。

産後のトラブルでなった方は心当たりがないでしょうか?

最悪の場合、支えを失った骨盤にある内臓が産道、つまり膣をめがけて落ちてくることがあるのです!

これらの原因として最も有力視されているのは、出産です。

分娩の際、赤ちゃんの頭が産道にいる時間が長いと、骨盤底筋のダメージが強いとされます。

つまり赤ちゃんが産道を通過するときに、骨盤底筋が引き伸ばされ障害を受けるわけですね。

通常ならば、子宮を支える筋肉は比較的早く回復します。

ですが、骨盤を支える骨盤底筋群が緩んだままだと出産による骨盤も緩んだままだと、産後太りなどの産後のトラブルを起こします。

また、早期分娩などの産前トラブルは、この骨盤底群の力が弱かったり、なんらかの骨盤のゆがみが原因だったりするのです!!

骨盤子宮ケアは、この骨盤底群と子宮(卵巣も含む)をアプローチすることでそれらの問題を改善をします。

 

 ページトップへ