マタニティブルー

待望のベビーが生まれて、とても幸せでいっぱい!! 、、、、のはずなのに。

なぜか、こんなに悲しい気持ちになり理由もなく、ぽろぽろと涙がでたり、胸が押しつぶされるような不安で眠れなくなったり、突然、全くやる気が起こらなかったり……。

そんな状態のことを産後間もなくして、情緒不安定になることを「マタニティブルー」と呼ばれています。

個人差があるものの、日本人は2人に1人の確率で、マタニティブルーになるというデータもあります。

出産の疲れや、慣れない育児による疲れや睡眠不足、育児に対するプレッシャーや孤独感などがマタニティブルーとなる要因です。

ですが、実は、それだけが理由ではありません。

産後に急激にホルモンが低下することが、マタニティブルーの原因として大きく関わっています。
妊娠中は、女性ホルモンをはじめとするたくさんの種類のホルモンが胎盤でつくられています。

ですが、出産時に胎盤が体の外に排出されると、ホルモンは急激に減少します。

こうした急激なホルモンの変化に体がついていけず、多くの女性が一時的に情緒不安定となって、マタニティブルーに陥ってしまうのです。

さらに、ホルモンバランスが乱れている時期である産後は、『産後うつ病』とよばれます。

その上、出産後の女性の体は、生涯の中で今までと違った最も劇的な変化が生じます。

どのように変化しているかというと、

体調面

  • 母乳を作り出す
  • 赤ちゃんを守っていた子宮が、1カ月ほどで元の大きさまで収縮する
  • 子宮の重さが、1kg位から60g位まで減る。
  • 女性ホルモンが再び産生されるまで、しばらく時間がかかる

生活面

  • 最初の1~2カ月は、2~3時間おきに授乳しなくてはならないため、充分な睡眠時間が得られない
  • 馴れない授乳と、オムツ替えの繰り返しなどで疲れる
  • 外出もままならず、飲んで泣くばかりの赤ちゃんと向き合った毎日(自分の時間がゆっくりとれない)

タイ古式産後養生で、崩れたホルモンバランスをうまく調整することができます。

おもに、ハーブボール(アジア最大のハーブ王国であるタイ原産の自然で作られたハーブがたくさんいれるもの)を温めて子宮や疲れきったお体をリラックスさせたり、ホルモンバランスの調整を促します。

また、母乳の出もよくする作用があるハーブを使いますので、なかなかでない方でも、母乳が出やすくなります。

 ページトップへ