おりもので、排卵日がわかる方法

こんにちは。

タイ古式骨盤子宮ケアセラピスト

有賀千恵です。

 

夏至になり、

すっかり夏日よりが続いていますね^^

 

この夏もまた暑い感じです。

 

クーラーなどを使う際はどうかお体を冷やさないように、

ブランケットなど下半身などに一枚おくと効果的ですよ。

 

◎排卵日はおりもので予測できる!?

 

おりものは、排卵日を中心に粘度などが変わります。

そのことである程度、排卵日を予測することが可能です。

このことを知ったときは、びっくりしました!

 

ですが、よりしっていくと、確かに、うなずけることが多いので、ぜひとも参考にしてくださると嬉しいです♪

 

 

勿論、おりものの変化は、個人差や年齢差によって違います。

なので、排卵日を確実に予測出来るものでもありません。

 

排卵日を確実に予測したいということなら、基礎体温をつけて自分の周期や体温の変化を知ったうえで予測した方が確実です。

 

その上で、その排卵日予測を裏付けるものとして、おりものや身体の症状を見ていかれるのが良いですね(^-^)

◎排卵日のおりものの特徴

実際に、おりもので排卵日だとわかる変化はどのようになるか、お伝えしますね^^

 

 

生理開始日から8~10日頃から、粘りのあるおりものが増え始めます。

 

その後2~3日排卵日が近づき、膣内の水分が多くなります。

 

サラサラのおりものがたくさん出ますので、このような症状が出たころに排卵日検査薬を使い始めるとよいでしょう。

 

排卵日直前には糸を引くぐらいの粘度の高いおりものになり、2~3日続きます。

 

実は排卵日直後のおりものはアルカリ性なのです。アルカリ性を好む精子が排卵の時に膣内をスムーズに進めるようにするためなのです!
(最初に書いたことが関係あります)

 

◎もし妊娠のタイミングを計るなら、、、

おりものがサラサラの間が良いか、と(*^^*)

最後までお読みいただき、
ありがとうございます(*^^*)

 

 

 

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

 

それでもには解決しない方には

無料メルマガ配信中↓

 

http://www.reservestock.jp/page/step_mails/4170

 

 

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

 ページトップへ